Mountain:富士山 精進口〜五合目〜お中道〜御庭〜奥庭


東京は梅雨明け、真夏日の今日、富士山五合目辺りは曇りで15度──途中、奥庭でみやげものの温度計を買った男性がそう言ってました(笑)、強風注意報も出るという天気。
昨日まで七分袖のTシャツで行こうと思っていましたが、河口湖辺りの最低気温予想が22度というのを見て「上は結構寒いかも」と、半袖Tシャツに長袖シャツで出かけて正解でした。
私は暑がりなのでちょっと寒いくらいで快適でしたが、ツアー参加者の女性たちは長袖+長袖に途中、レインウェアやウインドブレーカーなどを着ている人も。
『100m高度を増すごとに気温は0.6度Cずつ下がり、これに風がふくと風速1mごとに体感温度が1度下がる』というのを実感しました。

さて、今日の行程はスバルライン三合目、樹海口駐車場から少し登ったところからの精進口登山道から五合目へ、更にお中道を通って御庭、奥庭、精進口のロータリーに戻るという、約11km、休憩+昼食含めて6時間のハイキング。
今回は、ツアー会社の新人さんも参加。帰りのバスの中で「みなさん、スタスタ行かれるのでついて行くのが大変でした」とおっしゃってましたが、確かに立ち止まって写真を撮るという雰囲気ではなく(苦笑)
新しく、ちょっと山向きのGPSをiPhoneに入れてみたのですが、操作を間違えて記録されておらず……orz

精進口登山道入り口

精進口登山道はここから
精進口登山道はここから
スバルライン脇のガードレールが切れたあたりから軽く登ると、「ここがぁ?」という感じで精進口登山道の入り口があります。
道幅は広く、森林の中を緩く登る、ハイキングとしてはとても良い感じなんですが、小粒の火山礫で歩くとズルズルと動くので、なんとなく歩きづらかったです。

精進口ロータリー
精進口ロータリー
チップを敷いたような、歩きやすい道。但し、ほんの一部分
チップを敷いたような、歩きやすい道。但し、ほんの一部分
火山礫&コケの道
火山礫&コケの道
しばらく登っていくと中央に低い石積みの円で囲まれた部分があるロータリーに出ます。
後から調べたら、このロータリー中心部は大正15年(1926年)に天然記念物に指定された富士山原生林の碑が建っているそうなのですが、そんな碑は見えなかったな。

ここは三差路に分かれていて、写真の左は……どこだったか、右は五合目まで登る精進口登山道、写っていませんがさらに右側には奥庭への道があります。

精進口登山道は一部、チップが敷かれた歩きやすいところもあるのですが、基本的には小粒の火山礫。シロハナノヘビイチゴも所々に咲いてましたが、基本的には森とコケ。景色もかなり四合目以上にならないと視界が開けないので、ひたすら登るといった感じ。

五合目到着

で、歩き続けて五合目に到着!!
しかし、富士山は雲に包まれ、さらにものすごい強風。それでも30名くらいのサイクリングチームやバイカー、観光バスと大勢が登ってました。
ほとんどの方が山に来る格好やそれなりの衣服を着ていたのに、ジャケットにミニスカート、サンダル姿の女性と見ているこちらが寒くなるような人も。さすがにそれはないんじゃないかなぁ。

お中道

昼食を食べてからお中道へ。さすがに稜線を歩く道です、視界が切れて下界が見える……ですが、やはり雲が(苦笑)
何とか河口湖が見えたのでパチリ。
ここではコケモモやベニバナイチヤクソウなどが見られます。そして、まだ雪が残っている部分も。
お中道は樹木限界線ギリギリを通っているようで、こんな感じにすっぱり稜線と樹木が分かれている部分もあります。
さらに一部だけ倒木があるのはなだれ痕。
そういえば、五合目以外では初めてここですれ違う人と出会いました。それくらい人が少なかったです。。
そして、向かいの山の開けた場所が「奥庭」の展望台。この後、お中道を下り、スバルラインを横断して向かう先です。

奥庭

奥庭への下り坂は一辺40〜50cmの敷き石が敷かれているのですが、なんとなく滑りやすい感じ。
両脇の古いコンクリートを慎重に下った先に奥庭荘という土産物&宿泊施設が見えてきます。
この脇で三脚にズームレンズの集団がいたので、なにかと思ったら、池に鳥が水浴びにきていて、それを写していたようです。
撮影者が立ち去った後、のぞいてみたらちょうどメボソムシクイ(たぶん)が来ていたのでパチリ。
シャクナゲの木はたくさんあったのですが、蕾をつけているものは少なく、その中でも1本だけ花をつけていました。

奥庭遊歩道はとにかくコケがみごと。なので、滑りやすい上に道は狭く、倒木が多いのでくぐったり跨いだり。
途中には急な坂もあるので、足下を注意する方に気をつける必要があります。
白いキノコはみかけたのですが、この色のはこの一本だけ。あまりにかわいらしかったので写してみました。
そしてこちらは、ちょっと目にはまるで全身緑の鳥が佇んでいるかに見える、おそらく木が苔むしたものだと思います。

こうしてまたロータリーに戻って、本日のハイキングは終了。
スバルラインを下った街で立ち寄ったコンビニの駐車場から見る富士山もやっぱり雲を被ってました(笑)


この記事が気に入ったらハート→いいね , nice!!をクリックしてね。
If you think this article is good, please click on this heart .

Loading...

■広 告


■サイト内検索