waterfall:檜原村 九頭竜の滝、竜神の滝、払沢の滝


奥多摩というと、奥多摩湖や日原の鍾乳洞、秋川渓谷の鱒釣り、など割と行っているように思っていたのですが、こんなに滝があるとは知りませんでした。
ということで、今回は檜原村の九頭竜の滝、竜神の滝、払沢の滝です。
お天気は曇り時々晴れ、風も微かにあり、良かったです。

九頭竜の滝

看板によれば、『滝の横を生活道および他県に行く重要な街道が通ることから「横道の滝」と呼ばれていたが、天文14年、長野県戸隠村から「九頭竜神社」を分社、創建されたことで参拝する人が多くなり、そのころから『九頭竜の滝』と呼ばれるようになった」とのこと。
とはいえ、滝のすぐ近くにはなく、九頭竜神社はかなり手前。
で、さぞや立派な滝……と想像したのですが、写真の通り大きな滝ではありませんが、滝の姿はきれいです。

竜神の滝

同じく、道路からかなり細くて滑りやすい道を下ると、途中の踊り場から滝の全景が見えてきます。
こちらは段差もありまさに『滝』という感じ。
滝つぼギリギリまで近づくことができますが、高さがあるのでちょっと離れた方が良く見えます。

払沢の滝

駐車場から少し下り、看板に従って進むと、移設された趣のある郵便局が見えてきます。
この建物、中はお土産品を売る売店になっています。

また、店前のテラスに設置されている望遠鏡をのぞき込むと、肉眼では到底見えない『天狗の滝』が。
いくつもの淵や小さな滝などを見ながら渓谷沿いの道を進むと、おおっと声を上げたくなるような払沢の滝が見えてきます。
橋を渡って滝の左側を登ると滝の流れ落ちるところから淵まで、全景を見ることができます。
この左側部分は足場が悪く鎖が設置してありますが、登るのでしたらしっかりした靴でないとちょっと危ない気がします。


よかったら下の♥をクリックしてね / If you like this post, cluck this heart.
いいね , nice!!
Loading...

■広 告


■サイト内検索