Japan:昭和記念公園 ネモフィラほか


『ネモフィラの丘』というと『ひたち海浜公園!!』と思っていたのですが、規模はともかく、多摩の昭和記念公園でも見られることを知って、出かけてきました。

目  次
1. 行き方
 1-1. 電車で行く
 1-2. 車で行く
2. ネモフィラの丘への行き方
3. ネモフィラの丘はこんな感じ

行き方

電車で行く

昭和記念公園は入り口がたくさんありますが、ネモフィラの丘を見に行くなら青梅線西立川駅からがとっても便利。
何しろ改札を出て、左に進んで2分程度ですぐに公園の西立川口なんですから。

ところで、中央線立川駅から青梅線に乗り換える場合、注意点があります。
青梅線の本来のプラットホームは1/2番線ですが、時間によっては6番線から……ということがあること。
構内の案内板に1番線か6番線かの表示が出てるので要確認です。

車で行く

駐車料金は普通車で820円。立川口、西立川口、砂川口に駐車場があります。
詳細は公園の公式サイトでご確認を。
昭和記念公園公式ホームページ

ネモフィラの丘への行き方

西立川駅からのルート
西立川駅からのルート
入園料は大人1名が410円。小中学生は80円、65歳以上は210円。

入り口近くに地図が置かれているのでもらっていきましょう。
とにかく広いですが、主要ポイントに番号がつけられているので、今自分がどこにいるか、トイレはどこかを確認するのに必要です。

さて、西立川口から入ると正面が水鳥の池です。
この池の左側を進むと、左側にレインボープールが見えてきます。
さらに進んでもみじ橋を渡りきると、右手(2時の方向)に低い丘の斜面が水色に染まっているのが見えます。
そう、案内番号『11』ここがネモフィラの丘です。

ネモフィラの丘はこんな感じ

えーと、広さは期待しないでください(苦笑)
それと、ネモフィラだけでなく、ところどころほかの花も咲いてます。
まっ、それらは一つのアクセントと見れば、なかなか良いかも。
ほかにもチューリップやぼたんも咲いていたので、併せてどうぞ。
画像をクリックすると大きく表示できます。


この記事が気に入ったらハート→いいね , nice!!をクリックしてね。
If you think this article is good, please click on this heart .

Loading...

■広 告


■サイト内検索